企画主旨

日本で開催される、最初で最後となる「世界ファブラボ会議」。海外との交流を通して、わたしたち自身の未来―「つくる社会をつくること」―について考える会です。

世界50ヶ国200箇所以上に広がる、デジタルファブリケーション機器を備えた実験的市民工房のネットワーク「ファブラボ」。そこでは、日々、異なる国のメイカーどうしが国境を越えて連携しあい、単独のラボだけでは決してなし得ることのない、まったく新しいかたちのコラボレーション、そして革新的なものづくりが行われています。

 

3Dプリンタやレーザーカッターが、インターネット端末となったとき、一体何が起こるのか?世界を疾走するハイパーノマド達は、成熟国と成長国を渡り歩き、何を起こそうとしているのか?顔の見えるグローバル・コラボレーションと、ローカル・アクションとの両立はいかに可能か? つくる社会をつくることは可能か?

本シンポジウムでは、マサチューセッツ工科大学ビット・アンド・アトムズ・センター所長ニール・ガーシェンフェルド氏と、慶應義塾大学SFCソーシャルファブリケーションラボ代表田中浩也氏がホストを務め、世界各地から集まったファブラボの代表者たちが、TED」のようなスタイルで、各々の実践を紹介します (実際、ファブラボの代表者たちは、各国で既に「TED」に数多く招待されており、そうした場を通じてファブラボのアイディアが世界に拡散されてきました)。

さらに、ノルウェー出身のイェンス・ディヴィク氏が、約2年間に渡って地球各地のファブラボを自ら訪ね歩き、撮影した映画「Making, Living, Sharing」(つくること・いきること・わかちあうこと)を全世界に先駆けて初上映し、これからの新しいクリエイター像、デザイナー像を提示します。

開催概要

日時 2013年8月26日(月)
受付開始 12:00/開演 13:00/終了予定 18:30
会場 KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
定員 500名
参加費 一般:10,000円 学生 5,000円
主催 慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ
共催 MIT Center for Bits and Atoms, ヨコハマ創造都市センター(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援 経済産業省、総務省、独立行政法人国際協力機構、横浜市、FabLab Japan Network、International FabLab Association、Fab Foundation World

お申し込み

プログラム

(※Ustream中継はありません)

FabLab-未来をつくる10の視点

ニール・ガーシェンフェルド氏と田中浩也氏がキュレーションした世界中のファブラボにおける取り組みを各地の当事者が直接ご紹介します。暮らし、教育、開発、産業、都市計画、世界規模の共創のあり方など、各国の多様な取組みを実践者たちが伝えていきます(下記の登壇者、講演内容は変更になる場合があります)。(日本語同時通訳あり)。

cba


13:00-14:30

01 イントロダクション―第9回FabLab代表者会議までの旅程

田中浩也[日本]

慶應義塾大学環境情報学部准教授、SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ代表、第9回世界ファブラボ会議(2013)実行委員長

過去のTEDでの講演

02 FabLabとは何か? 過去、現在、未来

ニール・ガーシェンフェルド[米国]

マサチューセッツ工科大学教授, ビット・アンド・アトムズ・センター所長 

過去のTEDでの講演

03 FabLabは国境を超える/繋ぐネットワーク

shohei
青木翔平[日本]

東京大学大学院博士課程、第9回世界ファブラボ会議(2013)実行委員
abu
アブー・アダム [ガーナ]

ファブラボ・ガーナ、Century College(米国) 機械工学科 留学中

04 FabLabの実践的・実験的プロジェクト

イェンス・ディヴィク [ノルウェー]

ファブラボ・ノマド、ファブラボ・オスロ

過去のTEDでの講演

05 FabLabの研究ロードマップ

ナディア・ピーク [オランダ]

マサチューセッツ工科大学・ビット・アンド・アトムズ・センター 博士課程

06 FabLabとバイオテクノロジー

sergio3
セルジオ・アラヤ [チリ]

ファブラボ・サンティアゴ、サンティアゴ大学教授

休憩

 

15:00-16:30

 

07 FabLabと起業・ビジネス

Chris-Wilkinson
クリス・ウィルキンソン [イギリス]

FabLab マンチェスター、 UK FabLab ネットワーク代表

08  FabLabと教育・学習

シェリー・ラシター[米国]

マサチューセッツ工科大学・ビット・アンド・アトムズ・センター 、世界FabLabネットワーク  FabFoundationWorld事務長

NMC Summer Conference 2012での講演

09 FabLabと住宅・建築・都市

トーマス・ディアズ[ベネズエラ]

スペイン・カタルーニャ先端建築大学院大学(iAAc)、ファブラボ・バルセロナ主宰、第10回世界ファブラボ会議(2014)実行委員 

過去のTEDでの講演

10  FabLabと国際協力・国際開発

カマウ・ガチギ [ケニア]

ファブラボ・ナイロビ、ナイロビ科学技術パーク・チェアマン

過去のTEDでの講演




パネルディスカッション:日本のファブは世界とともに何ができるのか

経済産業省製造産業局素形材産業室長  田中哲也氏

tanaka
1993年通商産業省(経済産業省)入省。以後、資源エネルギー、研究開発、経済協力、基準認証などの業務に従事。2008年から2011年までは、ジェトロ・ニューヨーク事務所に出向・駐在。2011年7月から現職。現職期間中に、ものづくり政策審議室長を兼務し、2012年及び2013年の「ものづくり白書」の作成責任者として、二度にわたり、白書の執筆を行う。現在、素形材産業室長として、3Dプリンターなどのデジタルものづくりに係る政策の企画・立案を主導。

総務省情報通信国際戦略局 融合戦略企画官 中村裕治氏

nakamura
平成7年 郵政省(現 総務省)入省。以来、移動通信政策、技術政策等に主に従事し、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、総合通信基盤局電波部電波政策課統括補佐等を経て、平成23年7月より現職。クラウド政策、ICTを活用した街づくり施策等を担当するほか、ビッグデータの活用を中心に、利用者視点に立ったICT利活用により高い付加価値を創出するビジネスモデルの構築(=ICTコトづくり)の推進に取り組む。

独立行政法人 国際協力機構 研究所顧問 荒川博人氏

arakawa
昭和 51年一橋大学 経済学部 経済学部 卒業、海外経済協力基金採用。以後、同・ニューデリー次席駐在員やワシントン首席駐在員等を歴任。平成 11年より 国際協力銀行開発第2部次長。以後、同・地方公共団体連携担当審議役や開発金融研究所長等を歴任。平成 20 年より独立行政法人国際協力機構上級審議役。平成 24 年 4月より同理事。平成 25 年 7月より同研究所 顧問。

 

休憩

 

17:00-18:30

 

 

Fabアカデミー(授業紹介と卒業式)

hirose

FABシネマ  “Making, Living, Sharing” 
イェンス・ディヴィク:ファブラボ・オスロ(ノルウェー)

ノルウェー出身のイェンス・ディヴィク氏が、約2年間に渡って地球各地のファブラボを自ら訪ね歩き、撮影した映画「Making, Living, Sharing」(つくること・いきること・わかちあうこと)を全世界に先駆けて初上映。これからの新しいクリエイター像、デザイナー像を提示します。

映画「Making, Living, Sharing」は、デザイナーが市民のものづくりをサポートするためにはどうすればいいか、という問いに答えるための旅の物語です。グローバルにコラボレーションしたものをローカルで製造するにはどうすればいいか?知恵やデザインをシェアしながら、生計を立てるためにはどうすればいいか?2年間に渡りイェンス・ディヴィクは世界中にある30以上のファブラボや、メイカースペース、ハッカースペースを巡る旅に出ました。この物語は、これらの素晴らしいものづくりの現場からうまれた映像、インタビューそしてアニメーションによってお届けします。

 

モデレーター・プロフィール

マサチューセッツ工科大学ビット・アンド・アトムズ・センター所長

ニール・ガーシェンフェルド氏

米国物理学協会特別研究員。コーネル大学応用物理学の博士号、スワースモア・カレッジ及びストラスクライド大学物理学名誉博士号。2004年にはサイエンティフィック・アメリカンのリーダー50人のうちの1人として選ばれ、科学とテクノロジーの権威として精力的に活躍。『ファブラボ』のグローバルネットワーク創始者として世界的にものづくりとテクノロジーの発展に寄与、研究プログラムの指揮を執る。TEDカンファレンスやEDUCAUSE、Etechなどにおいても基調講演を担当。
TED Talks ニールガーシェンフェルド「ファブラボ(つくりかたの未来)」 日本語字幕付き

慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボ代表

田中浩也氏

京都大学総合人間学部卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2005年より慶應義塾大学環境情報学部専任講師、2008年より同准教授。2010年にはマサチューセッツ工科大学建築学部客員研究員を務める。市民包摂型ものづくり施設「ファブラボ」の日本における発起人であり、2011年「ファブラボ鎌倉」を設立。2012年慶應義塾大学SFCに「ソーシャルファブリケーションラボ」を設立。デジタルファブリケーション技術と地域社会を結びつけた新しいものづくりのかたちを探求している。
TEDxKidsChiyoda   田中浩也 "Repair Design (リペア・デザイン) 日本語

デザイナー、ファブラボノマド

イェンス・ディヴィク氏

「ひと」と「もの」の間にエモーショナルな関係性を生み出すことをテーマに、活躍している。デザイナーとして、オープンの精神、シェアの精神にもとづくアプローチを実践しつつ、いかにして、生計を立てていけるかを考えるために、世界各国のファブラボを巡る旅に出る。旅の中、「グローバルなアイディアの共有」と「ローカルな製造」の接点に可能性を見いだし、新しいクリエイター像、デザイナー像が成り立つことを具現化しつつある。ファブラボオスロを設立準備中。
TEDxCopenhagenSalon, Jens Dyvik, "Making Living Sharing" (つくること、いきること、わかちあうこと) (英語)

お問い合わせ

FAB9実行委員会事務局

(広報担当)宮島・佐橋

〒231-0012 横浜市中区相生町3-61

泰生ビル2FさくらWORKS<関内>

TEL:045-306-8152

Mail: fablab@yokohamalab.jp

 

取材については お申し込みフォームからお申し込みください。

交通アクセス


会場へのアクセス詳細はこちらもご覧ください。 KAAT 神奈川芸術劇場